日清戦争で戦場となった地域
日清戦争で
戦場となった地域
(黄は陸戦、赤は海戦) 
 
カイゼン視点から見る
日清戦争
The Sino-Japanese War of 1894-95 from Kaizen Aspect

日清講和と三国干渉

「日清講和と三国干渉」の
内容構成

上 日本陸軍の旅順西方砲撃 下 日本海軍の速射砲砲撃
上 日本陸軍の
旅順西方砲撃
下 日本海軍の速射砲砲撃
(日清戦争写真帳より)
 
サイトトップ 主題と構成
帝国主義の時代
戦争前の 日清朝の状況
日本の戦争準備
戦争の経過

講和と三国干渉
下関講和条約
三国干渉

戦中戦後の朝鮮
戦争の結果
参考図書・資料
カイゼン視点から見る 第一次世界大戦

ここまで、戦争の経過を見てきました。

日本の宣戦の詔勅は、朝鮮が独立国の権義を全うし、内政改革を実行するのに、清国が障害となっている、ということを対清開戦の理由としていました。開戦後3か月もたたないうちに、日本は清国勢力が朝鮮から駆逐してしまいました。ところが、日本は戦争を継続しました。その時点で日本の戦争目的が実質的に変更されて、清国からの領土の割譲を得ることも目的の中に含められたことは、すでに見てきたとおりです。

ここでは、そうした日本の公式・非公式の戦争目的と講和条件とが、どこまで整合していたのか、日本が要求した講和の条件は、当時の世界常識から見て妥当なものであったのかどうか、三国干渉を招いた責任は誰にあったのか、三国干渉という事態への反省は適切になされたのか、などについて見ていくことにしたいと思います。

「講和と三国干渉」の内容構成

1895年3月20日から、伊藤博文と李鴻章との講和談判が下関で開始されました。それに先立つ講和への動き、講和談判の経緯、講和条約での合意内容を確認いたします。これに関連して、とりわけ、講和談判での日本の要求が、当時の世界の常識の範囲内であったのかどうかについても、確認いたします。

下関講和条約

日本は講和条約締結の直後から、三国干渉を受けます。三国干渉は、当時どの程度の軍事的な危機だったのか、三国干渉を受けた結果生じた影響には何があったのか、三国干渉を受けたことへの反省は日本にあったのか、などについて確認いたします。

三国干渉


まずは、下関講和条約についてです。

ページのトップに戻る

 サイトトップに戻る サイトのトップへ    前のページに戻る 前のページに  次のページに 次のページに進む