日清戦争で戦場となった地域
日清戦争で
戦場となった地域
(黄は陸戦、赤は海戦) 
 
カイゼン視点から見る
日清戦争
The Sino-Japanese War of 1894-95 from Kaizen Aspect

このサイトの主題

なぜ「日清戦争」か?
カイゼン視点から気がつくこと

上 日本陸軍の旅順西方砲撃 下 日本海軍の速射砲砲撃 
上 日本陸軍の
旅順西方砲撃
下 日本海軍の速射砲砲撃
(日清戦争写真帳より)
 
サイトトップ 主題と構成
なぜ日清戦争か
カイゼン視点とは
日清戦争 の地図
サイトマップ

帝国主義の時代
戦争前の日清朝の状況
日本の戦争準備
戦争の経過
講和と三国干渉
戦中戦後の朝鮮
戦争の結果
参考図書・資料
カイゼン視点から見る 第一次世界大戦
 

「日清戦争」についての日本人の常識は、十分ではない

「日清戦争は、清国との間で朝鮮をめぐって戦われた、近代日本の最初の対外戦争である。この戦争に勝利したことで日本は欧米列強からの評価を高めた。また日本は、清国から賠償金を得たほか、領土の割譲も得て台湾を領有することになった。遼東半島については露仏独による三国干渉が起り清国に返還した」 ― という程度の知識は、日本人の大多数が持っているものであると思います。つまり、一定の「常識」を大多数の日本人が持っている、そういう戦争です。

しかし、日清戦争について、この常識よりも詳細な知識を持っている人、となると、かなり少ないのではないでしょうか。満州事変から敗戦に至るまでの昭和前期の戦争の場合、あるいは同じ明治時代でも日露戦争であれば、常識よりも、はるかに深く詳細な知識を持っている人も多いと思います。それにひきかえ、日清戦争には、大多数の日本人はあまり興味を持っていないような気さえします。

筆者も、ほんの数年前までは、常識以上の知識は何も持っていない一人でした。あるとき、近代日本の最初の対外戦争とはどういう戦争だったのか、もう少し詳しい知識を得ておきたいと考え、日清戦争に関する本を読んでみました。

その結果、日清戦争に関する「常識」は、この戦争に関連して日本人が知っておくほうがよい知識のごく一部でしかないのではないか、という印象を強く持ちました。以来、日清戦争とその時代に関連する主題を扱った研究書や本を読み重ねてきました。それが、このウェブサイトのテーマを「日清戦争」にした理由です。

「日清戦争」の「常識」から抜けている「重要事項」

カイゼン視点については、別のページにまとめましたが、その視点から日清戦争に関連する読書を重ねた結果を、筆者なりに整理してみると、日清戦争に関する「常識」には含まれていない点、「常識」が不十分と思われる点には、次のようなものがある、との考えに至りました。

  • 軍事的には準備が良く、さらにカイゼンも実施
    清国に対する勝因の第一は、日本の戦争への準備が良かったことであった。この軍備は、しかし、それまでの健全財政の範囲内での軍備増強、という政府方針の下で成し遂げられたものであった。
    最初の対外戦争であったので、開戦とともにいろいろ課題も発生したが、戦闘を重ねる中でもカイゼンが積み重ねられた。
    ただし、楽勝過ぎて日清戦争ではカイゼン課題と認識されず、それから半世紀も後の昭和前期の敗戦に至るまでカイゼンが行われず、結局日本軍の体質的問題点となってしまった事項、例えば補給軽視の作戦遂行など、もあった。公刊戦史が、メンツを優先する編纂方針としたことも、その後のカイゼンを阻害した。

  • 根本的に戦争を行う理由・目的が不明確
    日清戦争開戦の直前まで、日本政府は長きわたり対清協調方針を維持してきた。朝鮮への出兵決定時点では、政府内には開戦を意図する強硬論もあったが、あくまで対清協調の範囲内での出兵を考えた協調論が政府(伊藤首相)の公式見解であった。
    しかしその後、陸奥外相の先走りと、国内世論からの圧力で開戦方針に転換を迫られてしまった。そういう状況であったため、開戦の理由・目的が必ずしも明確ではなかった。
    そのため、清国勢力の朝鮮からの駆逐を達成してしまった平壌戦・黄海海戦の後も、戦争を停止せず、継続してしまった。この段階で、清国から領土の割譲を得ることに、目的が実質的に変更されていたと言えるが、どの範囲まで戦争を継続してどれだけの領土割譲を得るかについて、政府内の合意形成は不十分であった。

  • 法外すぎた領土割譲の要求、また戦争ビジネスモデルへの期待が成立
    三国干渉を招いた直接原因がロシアの不凍港獲得の欲求にあったとしても、根本原因は、日本の領土割譲要求が、列強がそれまでに清国から得ていた割譲の実績に比べ、法外過ぎたためであった。
    すなわち、三国干渉は、根本的には、講和条件の「相場」に関し日本側が理解不足であったことが原因であったのに、その点が全く反省されなかった。
    他方では、巨額の賠償金と台湾の割譲を得た。そのため、戦争によって、国家は賠償金や領土を得て、個人は出世・勲章・叙爵などを得る、という「戦争ビジネスモデル」が意識されることになった。

  • 日露戦争より大きい日清戦争の対外・対内影響
    日清戦争は、日露戦争よりもずっと楽に勝てた戦争だった。しかし戦争の結果として生じた変化については、対外的な影響がより重大な戦争であった。
    日清戦争の結果、列強による中国の分割競争が本格的に開始された。すなわち、当時の中国・朝鮮や世界の列強に与えたインパクトは非常に大きく、その大きさは、日露戦争以上であった。また、その影響は、ブーメラン的に、日本自身にも帰ってきてしまった。
    そのため、「国際協調」と「健全財政の範囲内での軍備増強」、という、日清戦争以前の政府方針は転換されてしまい、戦後の軍拡費用は大幅に増加されることになった。またこのことが、日本の資本主義の発達の方向性を歪めることにもなった。

  • 戦争の最大目的であった朝鮮の保護国化の実現には大失敗
    日清戦争は、清国勢力を朝鮮から駆逐して、少なくとも日本の影響力を増大させ、可能なら日本の保護国化することを大目的に開始された戦争であった。しかし、この目的達成の具体論については、政府内の合意が不十分だった。
    そのため、肝心の朝鮮で、日本政府は現地側に適切な支援策を供与できず、むしろ陸奥外相が井上公使の足を引っ張った。
    日本は、このために、せっかくの軍事的な勝利を活用することができなかったどころか、開戦前よりもはるかに朝鮮宮廷をロシア側に近づけさせてしまい、戦争の最大目的の達成には失敗してしまった。

上記の諸点の大部分は、必ずしも筆者独自の見解ではなく、個々にはいろいろな研究書などで指摘されている事項です。しかし、日清戦争について大多数の日本人が持っている常識の中には必ずしも含まれておらず、事の重要性に比べて、知る人がきわめて少ない事項である、と言えるようにも思います。筆者がこのウェブサイトを作成した理由は、カイゼン視点から歴史を見てみる実例を提供する事に加えて、日清戦争の常識から漏れている点がひとりでも多くの人に理解されれば、と考えたからです。

筆者がこうした見解に行きついたのは、日清戦争をカイゼン視点から見てみた結果です。カイゼン視点とはどういう視点なのか、次のページで説明したいと思います。


ページのトップに戻る

 サイトトップに戻る サイトのトップへ    前のページに戻る 前のページに  次のページに 次のページに進む