日清戦争で戦場となった地域
日清戦争で
戦場となった地域
(黄は陸戦、赤は海戦) 
 
カイゼン視点から見る
日清戦争
The Sino-Japanese War of 1894-95 from Kaizen Aspect

日清戦争の戦史 終盤戦 @

澎湖島
領土獲得の戦いとコレラ

上 日本陸軍の旅順西方砲撃 下 日本海軍の速射砲砲撃
上 日本陸軍の
旅順西方砲撃
下 日本海軍の速射砲砲撃
(日清戦争写真帳より)
 
サイトトップ 主題と構成
帝国主義の時代
戦争前の 日清朝の状況
日本の戦争準備

戦争の経過
序盤戦 @ 豊島沖海戦
序盤戦A 成歓の戦い
序盤戦B 平壌の戦い
序盤戦C 黄海海戦
中盤戦@ 九連城など
中盤戦A-1 金州・旅順
中盤戦A-2 旅順虐殺事件
中盤戦B 海城・蓋平
中盤戦C 威海衛
中盤戦D 遼河平原制圧
終盤戦@ 澎湖島
終盤戦A 直隷決戦準備
終盤戦B 台湾征服戦
総括 戦費と戦死者

講和と三国干渉戦中戦後の朝鮮
戦争の結果
参考図書・資料
カイゼン視点から見る 第一次世界大戦

日清戦争も最終段階です。すでに見てきましたとおり、1895年1月下旬から2月前半に、第二軍は威海衛攻略戦を実施し、翌3月上旬には、第一軍が遼河平原掃蕩戦を行い、どちらも日本軍が清国軍に勝利しました。

威海衛攻略戦で日本が勝利すると、直ちに実行されたのが澎湖島攻略戦でした。ここでは、その詳細を確認したいと思います。

澎湖列島攻略戦の計画・策定

澎湖島攻略戦は、1895年1月になってから、計画されたようです。

区切りマーク

台湾攻略戦の前提としての澎湖島攻略

大本営、すでに1894(明治27)年8月に、冬季間に台湾を占領することもできると決定したが、その後、冬季にも直隷平野の決戦との意見もあり南方作戦を決行せず。翌年1月13日、威海衛陥落ののち澎湖島を攻略することを決定、この地に海軍根拠地をつくり中国南部の残存艦隊を討滅し、戦時禁制品を密輸する船舶を捕獲させる計画。

大本営は、2月13日威海衛の北洋水師降伏の報を受け、台湾攻略戦の前提として、澎湖列島攻略作戦計画を策定する。講和の正式交渉開始までに台湾島占領の既成事実を作っておくことが必要条件で、強引にでも進める必要。

区切りマーク

日清戦争の地図 澎湖島の位置

日清戦争の戦利品として、台湾割譲を狙いたいが、台湾は日清戦争の戦場とは全く関係がなかったので、台湾獲得の根拠とするために、急遽澎湖島を占領することにした、というのが、この澎湖島攻略戦の目的であったわけです。

言い換えれば、この澎湖島攻略戦は、対清宣戦の詔勅で戦争目的とされていた朝鮮にも、当初からの作戦大方針で企図されていた直隷決戦にも、どちらにも全く関係のない、清国からの台湾獲得要求を実現することだけを目的とした戦闘であった、と言えます。

伊藤首相提案の台湾方面攻略 実施の遅れ

伊藤首相が、「威海衛ヲ衝キ台湾ヲ略スヘキ方略」を大本営に提出したのは前年の12月4日のことでした。清国政府の崩壊を引き起こす直隷決戦は避け、軍は二手に分けて一方は威海衛を攻略し、もう一方は台湾を略取すべし、という、状況に即した提案でした。

この伊藤首相提案に対し、第二軍による威海衛攻略戦は2月上旬までに完了しましたが、第一軍はその間、現在地での戦線拡大にこだわっていたため、澎湖島上陸の開始は、3月16日と遅くなりました。

平壌の戦いで当初戦争目的はすでに達してしまった後、何を目的として戦争をさらに続行するのか、領土拡張を目標に切り替える提案を行った伊藤首相に対し、第一軍は彼らの戦闘遂行そのものが目的化してしまい、噛み合わなかったと言えるように思います。

領土要求が正しかったかどうかは別にして、「台湾を略す」という目標は、講和において、台湾での戦闘が未開始でも台湾割譲が得られ実現されました。澎湖島攻略は実施していて台湾方面への関心を示していたことが効いたのかもしれません。そうだとすれば、この澎湖島攻略戦は、その目的を達した戦闘であったといえるように思います。

他方、第一軍がそれだけこだわった遼東半島は、結局三国干渉で返還させられます。山県有朋の判断間違いであったように思います。

3月23日上陸〜24日馬公城の占領、澎湖列島攻略戦の実施

澎湖島は、周りの小さな島々を全て入れた諸島全体ても141平方キロの面積しかなく、日本の島と比べると、宮古島や小豆島よりも小さな島のようです。急に決まった作戦でしたが、小さな島であり、容易に占領できると見たのでしょう。

日清戦争の地図 澎湖島の諸砲台

区切りマーク

澎湖島攻略軍の編制と輸送

大本営の情報では、澎湖列島の清国軍は歩兵12営(6000人)、砲兵2営、海兵1営。攻略に向かう混成支隊(支隊長比志島義輝大佐)は歩兵3個大隊(3000人)・山砲1個中隊・騎兵5騎で構成(人員3936名)、それに軍夫1572名。清国軍は倍の勢力の想定だが、強力でないと判断されたのか、歩兵は後備役で満28〜32歳、後備歩兵第一連隊(東京湾警備)と歩兵第一二連隊第二大隊(下関海峡警備)。艦隊は、松島・橋立・厳島の三景艦、吉野・浪速・秋津洲・和泉の巡洋艦群など。

混成支隊は、3月6・7日に宇品港と門司港から乗船、9日佐世保港着。南方派遣艦隊、出征準備完了して佐世保集合は13日。15日佐世保軍港を出発、3月20日艦隊と輸送船団は澎湖列島近くに到着。21日は旗艦吉野が坐擱、22日は風波が強く、上陸見送り。

澎湖島への上陸・占領

23日天候はようやく回復、午前6時から上陸作戦発動。裏正角西方約1400メートルの海浜に上陸を開始、11時30分。清軍砲台は上陸点めがけて砲撃を開始、これに対し東方と南方の二方から艦砲射撃、しばらくすると清軍砲は沈黙、大武社占領午後4時20分。翌24日、拱北砲台の攻撃、占領は午前6時30分。つづいて馬公城の攻略、正午完全占領。25日午前1時円頂半島守備隊から降伏軍使、午後1時漁翁島守備隊の逃走が判明。26日午後澎湖列島行政庁を開き占領地行政を開始。

区切りマーク

実際、澎湖島占領では大きな困難はなく、上陸から2日ほどで平定したようです。

澎湖島攻略 − 日本軍の最大の損害の原因はコレラ

澎湖島作戦での最大の問題は、日本軍にコレラ患者が大発生した、という点でした。

区切りマーク

出征5500名のうち、1000名がコレラで死亡

最大の敵はコレラ。輸送船鹿児島丸にはすでに佐世保軍港滞在中にコレラが発生し、出港以来毎日4、5名の死亡者、21日からいっそう蔓延の兆候。他の輸送船に満載の混成支隊の多数は、船中でのコレラの発生はなくても、15日の佐世保出港以来連日の強風激波、19日以来の華氏80度の高温により、兵の大多数が健康を害し疲労困憊して病人と変わらない状態だったものが、23日上陸して戦闘。

2日間の戦闘中に収容したコレラ患者だけで約40名、衰えない病勢は、戦闘の終わった26日頃から毎日新患200名以上。この病勢は4月12日に終息。1ヶ月間の患者総数1700名、死亡者1000名という惨状。兵員と軍夫を合わせて5508名の18%が死去。

区切りマーク

当時コレラは、大流行なら数万人、流行なくても年に数百人が死亡

山本俊一 『日本コレラ史』によりますと、1877(明治10)年以降、1894(明治27)年の日清戦争までに、全国の死者数が3万〜10万人を越えるようなコレラの大流行が、明治12年、15年、19年、23年の4度もあり、大流行がなかった年でも毎年必ず数百人以上の死者がありました。したがって、この当時には、コレラ対策は非常に重要な課題であり、患者の隔離や消毒などが徹底されていただけでなく、コレラ患者が船内で発生した場合についても、規則が設けられていたとのことです。

その例として、すでに明治19年の海軍省令「海軍軍人、艦船営傭夫コレラ病に罹る者取扱手続」は、艦船営等においてコレラを発する者があるときには、これに接近した者は上官の命令なくして移動し他人と混じわってはならない、近接者は適当な場所に2週間隔離させ、便所は別々に設けなければならない、と規定していました。

また明治21年の警視訓令「伝染病予防消毒規則執行心得」も、船舶でコレラの船中発病があった場合、患者に接近した者および患者と同一の便所を使用した者は5日間船内に遮断しなければならない、陸揚げする手荷物には消毒を行わせなければならない、などと規定していました。

出征軍は、なぜ患者を隔離しなかったのか

陸軍が外地に大部隊を派遣したのは明治7年の台湾出兵以来であったため、外地派遣部隊でのコレラ発生に対応する規則が不十分であったのにはやむを得ない面があったにせよ、海軍や警察での上述の規則から見て、他の健康な兵への伝染を防ぐために、コレラ患者が発生した輸送船の兵を一定期間隔離することは、当時でも当然の処置であった、と言えるように思います。そうした対策が、このとき何故行われなかったのでしょうか。

そもそも、澎湖島に上陸した比志島支隊には、軍編制の常識に反して、なぜか衛生隊が編成されておらず、そのため支隊司令部に属する「人夫」から120人を選抜してこれにあてたに過ぎなかった、軍は戦闘を重視しても隊の衛生や兵の安全には配慮がなかった、との指摘(籠谷次郎「死者たちの日清戦争」、大谷正・原田敬一編 『日清戦争の社会史』所収)があります。

作戦規模が小さいから手を抜いて良い、ということにならないのは当然です。兵がコレラでばたばたと倒れていけば、確実に戦闘に支障が発生します。戦闘を予定通り行うため、すなわち作戦優先であればこそ、現に発生したコレラから健康な兵を守る必要があったはずです。

主観的には、最短期日に然るべき兵力を投入することを優先したため、適切なコレラ対策が不実行であった、ということだとしても、客観的には、主観的願望に反する結果を生じました。隔離をしておけばコレラによる兵力の投入保留は最小限(輸送船2隻分としてせいぜい500人程度? の一時的隔離)で済んだはずであり、死者はその半分程度で済んでいたでしょう。そうしなかったために、1000人を越える戦病死者を出したわけです。

衛生隊の編制では手抜かりがあったとしても、すでに罹病した兵を隔離することで健康な兵を守ることは、現場レベルの混成旅団の旅団長と司令部の役割であったのに、この比志島旅団ではその役割が果たされていなかったように思いますが、いかがでしょうか。

1000人も死んでいるのに、カイゼンはなかったのか

この日清戦争は、平壌戦などで、補給不足・装備不足でも作戦優先で無理をして戦闘してしまう場面がありました。この澎湖島攻略でのコレラ対策不実行も、その一つの現れであったように思います。作戦優先で無理をして道理を引込めさせるのは、その後の日本軍の体質となってしまったところがあります。この澎湖島攻略でも、事態の重大さを認識して、責任者処分を行っておけば、無理を通すことの体質化が少しでも避けられたのではないか、という気がしないではありません。

現実には、支隊長比志島義輝大佐は、処分どころか、作戦から半年もしないうちに陸軍少将に出世したようです。コレラで1000人死んだことは、取るに足らない小さな問題と扱われたとしか思われません。

なお、別途触れますが、コレラ対策では、この年の3月30日に「臨時陸軍検疫部」が設置され、この年6月以降に出征地から日本に戻ってきた将兵には、全員に検疫が実施されました(山本俊一 前掲書、および、安岡昭男「日清戦争と検疫」、東アジア近代史学会編『日清戦争と東アジア世界の変容』下巻所収)。こうした対策は、残念ながら、この澎湖島攻略戦には間に合わなかった、と言うべきかもしれません。とすれば、カイゼン実施の途上であったために、間に合わず大きな被害を出した件となった、といえるでしょうか。


一方、当初の作戦大方針通りに、直隷決戦を行おうとする準備は、着々と進められていました。最終的に、決戦開始前に講和が成立し、作戦は中止されました。次は、その直隷決戦準備についてです。

ページのトップに戻る

 サイトトップに戻る サイトのトップへ    前のページに戻る 前のページに  次のページに 次のページに進む